スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeventhKiss~セブンスキス~ ⑥

書き忘れてたが6月4日(木)だな
さて、書くか
昼休み

渡子「やっほー。あれ?今日はエクセルちゃんは?」
折華「今日も面白い部活を探しに行くんだ!と言ってどこかへ行ってしまいました…。この学校にそんな面白い部活なんてありましたっけね?」
渡子「……あそこか」
優一郎「!」
折華「え?なんですか?あそこって?」
渡子「私も初めて見たときは驚いたよ。まさかこの学校にあんな場所が…」
折華「気のせいかどこかで聞いたことのあるような言葉ですね」
瀬口「ん?エクセルなら今日もあそこだろ。昨日案内した時も目を輝かせてたしな」
折華「それってどこのことなんですか?」
瀬口「ん?そりゃもちろん地下ぶs―――」
優一郎「言わせるかぁぁぁぁぁ!」
瀬口「むぐっ!?何しやがる!」

朝せっかく俺が秘密にしたことをあっさり口にしようとしたバカを締め上げる

瀬口「ちょ!?入ってる!入ってる!」
渡子「案内?」
折華「ええ、昨日瀬口さんと委員長のお二人で、エクセルちゃんに学校案内してあげたそうです」
瀬口「誰も心配すらしてくれねえ…」
優一郎「お前の普段の行いのせいだな」
渡子「え~、私も行きたかったなあ~…」
瀬口「はぁ…はぁ…。声かけたほうが良かったか?」
渡子「ううん、いいよ。どうせ昨日は放課後仕事があったし」
優一郎「本当に忙しいみたいだな。あと瀬口、ハァハァするな」
瀬口「お前は本当に気付いてなかったんだな…。あとはぁはぁはお前のせいだろ!」
優一郎「どういうことだ?」
渡子「つまり優君にハァハァしてたってことだね」
瀬口「ちげーよ!福嶋が忙しくしていることに気付いてなかったんだなってことだよ。お前昔から知り合いなんだろ?ああ羨ましい」
優一郎「んなこと言ったってな。クラスが違うからあまり会う機会ないし…」
渡子「え~、こうやっていつもお昼食べに来てるじゃない」
優一郎「あ~、まあそれはそうなんだが…」
渡子「やっぱりクラスが違うと不利だなぁ…いいなあ、折華ちゃんは優君とクラス一緒で」
折華「え?な、なんのことですか?」
渡子「今更誤魔化しても意味ないと思うけどなぁ…」
優一郎「不利ってなんのことだ?」
瀬口「っつーか誤魔化さなくても気付かないぞ、この鈍感野郎は」
渡子「はぁ…そうなんだよねぇ…折華ちゃんもかわいそうにねぇ。でも、それだからこそ、クラスが違うとどんどん不利になっていく気がしてきたよ…」
瀬口「福嶋も大変だな」
優一郎「???」

なんの話をしてるんだ?こいつらは?

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
放課後

瀬口「ああ、そうだ。優一郎、お前今度の日曜日暇か?」
優一郎「残念ながら用事は入ってないな」
瀬口「ちょうど良かった。そんじゃ日曜、ちょっと付き合ってくれよ」
優一郎「別に構わないが…どこにだ?」
瀬口「着いて来てのお楽しみだ。おーい、エクセル」
エクセル「何よ?あたしはこれから宇宙交信部に行かなきゃならないんだけど?早く行かないとあたしと月の民とのファーストコンタクトが…」

今度は宇宙に興味を持ったか…てかなんでこいつの中じゃ月に人がいるって前提なんだろうな?

瀬口「日曜の件だがこいつも来るってよ。これならどうだ?」
エクセル「ん?優一郎?まあ、それならいいか。…でもアンタはデッキ持ってるの?」
優一郎「デッキ?なんのことだ?つーかエクセルも行くのか」
瀬口「ああ、大丈夫大丈夫、俺が貸すから。基本ルールくらいなら知ってるだろ」

誘われた俺抜きで勝手に話が進行してやがる…

エクセル「そう?わかったわ。それじゃ、そういうことで。ってああ!このままじゃ間に合わないじゃない!
ザ・○ールド!時よ止まれ!」

シーーーーーーン

優一郎「すげえ、完全に空気を凍らせやがった…っていない!?いつの間にいなくなったんだ!?」
瀬口「エクセルには神出鬼没のライセンスがデフォルトで備わってるらしいぞ?良く分からんが」
優一郎「とりあえずそれはなんか違うと思うぞ?」

折華「優一郎さん、今日はどうするんですか?」
優一郎「今日も別にすることないし…そうだな」

選択肢
・折華を待つ
・オカルト研に行く
・友子のクラスに行ってみる
・瀬口と一緒に帰る

今日はここまでだな
渡子とエクセルの選択肢がないのは仕様です

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回は自重しないよ!お婆ちゃんの家だからね!
というわけで「オカルト研に行く」で。

No title

行ってらっしゃい

・・・ダメ?

舞、可愛いけど動かしにくいんだよねww
まあいいや、決定

このニート野郎

だぁ~かぁ~ら~


ドンだけ来るのが早いんだ
チミは(´・ω・`)

シールド・オン!

ザ・○ルードが

デッキ~

からの流れから

ザ・シールドに見えた……

シールドを張りたかったんだよ

仕方ないだろ!(^ω^)

シールドをデッキからって、

スターマンでシールド並べまくるオレのデッキの事かい?


あと最近デュエマのwiki行ったんだが。

今はホーリースパークとかボルシャック・ドラゴンに完全上位互換がいるんだね。

……時代の流れ、か。

No title

何故折華がいるのに、折華を待つという選択肢があるんだろうと言ってみる。
あ、部活ですかそうですか。
てか、どのルートも見たいから選択肢が選べないぜ^^;
んー、友子は神父が書いてる方があるし、舞はちょっと前に選んだし…
ここは折華を待つ、かな。



浮気者とか言っちゃだめだぜ?

No title

悪いけどニートのせいで次回はまた舞だな

まあいずれ全ルート書くさ
・・・多分

あと「部活が終わるのを」待つ。だな
確かに分かりにくかったかもな、うん

てかリアル主人公が優柔不断www

No title

ってもう決定でしたか。
なんだあのもやしは。

No title

いや、別に「折華を待つ」でもいいよ?

さすがにこう、連続して選択肢選びまくるってのもアレだし。

No title

いいよ、別に。
いずれ、ナメピロに書いてもらうからな!
……ですよね…?

あれ…………?俺は…………

No title

「ザ・ワールド(ry」

実際に時が止まる

エクセル移動

時が動き出す

叫んだ直後なので空気が凍ってる

エクセルいくえ不明
ですねわかります

エクセルと電波が合わさることにより最強に見えそうになる
他のキャラが持つと頭がおかしくなって死ぬ

「いくえ」って誰なのよ!

シールドトリガーは強いよ

ゴメン

何でもない(´・ω・`)
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。