スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝】神父ルート12.75【11205HIT】

べっ別にみんなが更新してたからあげるわけじゃないんだからね!
ぶっちゃけ作者自身前回どこで終わったか覚えてなかったぜ!
後半雑でスマソ

瀬口 VS 友子です。
ヴォルカニック VS 宝玉獣に置き換えてもよし。

《虹の古代都市-レインボー・ルイン》
フィールド魔法 
自分の魔法&罠カードゾーンに存在する
「宝玉獣」と名のついたカードの数により以下の効果を得る。
●1枚以上:このカードはカードの効果によっては破壊されない。
●2枚以上:1ターンに1度だけプレイヤーが受ける
戦闘ダメージを半分にする事ができる。
●3枚以上:自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送る事で、魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
●4枚以上:1ターンに1度だけ自分のメインフェイズ時に
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
●5枚:1ターンに1度だけ自分のメインフェイズ時に
魔法&罠カードゾーンに存在する「宝玉獣」と名のついた
カード1枚を特殊召喚する事ができる。


「なるほど、説明ありがとう。…………なかなか強力なフィールドだな」
「そうですね、宝玉獣デッキでは必須のカードです」

さてさて仕切り直しだ。
とりあえずドローフェイズに入りデッキからカードを引く。
引いたカードは《UFOタートル》――――所謂リクルーターモンスターと呼ばれているカードだ――――だった。
出来れば早いとこあの厄介なフィールド魔法を破壊してしまいたい。
手札にはお互いの魔法罠を全て破壊する超強力な魔法カード、《大嵐》がある。
これを使えば友子ちゃんのレインボー・ルインは元より、もう一枚の伏せカードも破壊できる。
しかし、強力なカードにはそれ相応のリスクが伴うとは誰が言った言葉だったか。
大嵐は自分の魔法罠も破壊してしまうのだ。
とはいえ今伏せてあるカードはブラフ、つまり破壊されても惜しくなるカードではない。

(この際やっちまうか? )

友子ちゃんの顔をこっそりと覗いてみるが実に涼しげな表情。
惚れちまいそうだぜ。

「魔法カード発動! 《サイクロン》&《大嵐》ッッッ! 」
「!」

何故か「ジャッジー」という空耳が聞こえた気がした。
旧制限だから関係ありません。
サイクロンで宝玉獣を破壊し、更に大嵐でルインその他を破壊。
まさか流石の友子ちゃんも3ターン目に使ってくるとは思わなかった様でその表情が崩れかかっている。
どんな表情をしてても可愛いぜ。

「更にUFOタートルを攻撃表示で召喚! ヴォルカニック・エッジで伏せモンスターに攻撃! 『土曜の夜の業火<サタデーナイト・ファイア>』ッッッ! 」
「サタデーナイト…………! 」

友子ちゃんがはっと――まるであまりにも強くなりすぎ、誰とも戦っても圧勝してしまうような孤高の戦士が、ある時訪れた戦場でその力を思う存分に振るい競うことの出来る好敵手を見つけたような――そんな笑みを浮かべる。

「なにそれかこいい! 」

目を輝かせるのはエクセルだ。

「…………そうか? 」

優一郎が思わずといった風にツッコミを入れる。

「そんなことよりどうなんだ? 瀬口のモンスターの攻撃力は1800。けっこう高いと思うけど」
「はい、レベル4では充分にアタッカーとして活躍できます。でも…………」

といって悪戯の成功した悪ガキのような笑みを浮かべながら、伏せていたモンスターを捲る。

「私の伏せていたモンスターは《宝玉獣 エメラルド・タートル》。守備力は2000です」
「なに!? 」

てっきり1600くらいだと思ってたのに。

「ということは攻撃力と守備力の差は200。瀬口は200のダメージを受けるってわけね」
「その通りです。瀬口さんの残りライフは1800になります」
「ははは瀬口、いきなり劣勢だぞ」
「うるせぇな! カードを一枚セットしてターンエンド! 」
「では私のターンですね」

相変わらず流れるようなドロー。
四枚になった手札を眺めること数瞬、再び悪戯を思い付いたような笑いをする。

「私もそろそろ攻撃に移ろうかな」

と言って手札から一体のモンスターを召喚した。

「《宝玉獣 サファイアペガサス》召喚! サファイアペガサスの効果発動! 『サファイアコーリング』ッッッ! 」
「サファイアコーリング? 」

サファイアペガサスの効果名です、とやはり恥ずかしかったのか少し顔を赤らめてエクセルに答える。
恥ずかしがってる表情も(ry。

「デッキ、手札、墓地に存在する宝玉獣と名のつくモンスターを永続魔法扱いでセットすることが出来ます。私はデッキから《宝玉獣 コバルトタートル》をセットします」

召喚した時点で一枚のアドバンテージを得るとはなかなかに強力そうだ。
…………とはいえ魔法罠ゾーンに置くということは、ただ普通に考えるとフィールドを圧迫しているようにしか見えないが、プロデュエリストが“普通”なことをするとは思えない。

「バトルフェイズに移行します。サファイアペガサスでヴォルカニック・エッジに攻撃します」

ヴォルカニック・エッジの攻撃力は1800、サファイアペガサスの攻撃力も1800。
相討ち狙いだろう。
ということは何か策があるのだろう。
ここは相手の出方を見るために敢えて伏せカードを使わずにいよう。

「ん? 同じ攻撃力の時はどうなるんだ? 」
「攻撃力同士が同じ場合は両方のカードが破壊されます。でも攻撃力と守備力が同じ場合はどちらも破壊されません」
「つまり今回は両方とも破壊されて、墓地に送られるって訳ね」
「いいえ」

友子ちゃんの思いがけない否定にエクセルと優一郎が頭上にハテナマークを浮かべる。

「サファイア・ペガサスが破壊された時、永続魔法扱いでフィールドに残すことができます。勿論瀬口さんのヴォルカニック・エッジは破壊されます」

そう言ってサファイアペガサスを魔法罠ゾーンに置く。



さて、全部を書いていると文章が多くなってしまうので(めんどくさいので)ここからはダイジェストにお送りしよう。



「メインフェイズ2、《レア・ヴァリュー》発動。ペガサスかイーグルどちらか一枚選んで破壊して下さい」
「サファイア・ペガサスで」
「デッキから二枚ドロー、ターンエンド」
「俺のターン、ドロー。手札から《ヴォルカニック・ロケット》を召喚。デッキから《ブレイズ・キャノン》を手札に加えるぜ。勿論発動! 手札から《ヴォルカニック・バレット》を墓地へ送り、エメラルド・タートルを破壊」
「タートル効果発動、永続魔法扱いで魔法罠ゾーンに置きます」
「ブレイズ・キャノンを使ったターンには攻撃出来ない。ターンエンドだ」
「私のターン、ドロー。《宝玉獣 アメジスト・キャット》を召喚、効果により戦闘ダメージを半分にすることでダイレクトアタックすることが出来ます」
「攻撃宣言時に《ファイヤー・ウォール》発動。墓地のエッジを除外することで直接攻撃を無効にする! 」
「くっ、カードを一枚セット、ターンエンドです」
「俺のターン、ロケットでキャットに攻撃! 『土曜の夜の噴熱<サタデーナイト・バーン>』! ダメージは700だ、借りは返したぜ、ターンエンドだ! 」
「ドロー! 《宝玉の導き》発動! 自分魔法罠ゾーンに「宝玉獣」と名のついたカードが二枚以上存在する場合、デッキから《宝玉獣》と名のついたモンスターを特殊召喚します。カモン、《宝玉獣 トパーズ・タイガー》! タイガーでロケットを攻撃します。タイガーの効果により攻撃力が400ポイント上昇! 」
「くそっ、俺のロケットが! 」
「借りは返しましたよ(フフン)」
「俺のターン! 墓地に存在するバレットの効果発動! ライフを500払いデッキからバレットをサーチ、更にブレイズ・キャノンの効果発動! 」
「発動にチェーンして《砂塵の大竜巻》。ブレイズ・キャノンを破壊します」
「なん……だと……。カードを二枚セットしてターンエンドだ…………」
「私のターン。タイガーでUFOタートルに攻撃」
「速攻魔法《収縮》発動。タイガーの攻撃力は1200になりUFOタートルは破壊されない」
「何ですって……! ターンエンドします…………」


「俺のターン、ドロー! 」
引いたカードは上級モンスター。
召喚するにはモンスター一体をリリースしなければならないがその分強力な効果を持っている。
伏せカードは無いので安心して召喚出来る。

「UFOタートルをリリースし、《ヴォルカニック・ハンマー》を召喚! トパーズ・タイガーに攻撃だ! 」
「ぐっ! 残りライフは500ですか…………。私のターン、ドロー! おやおや。ふっふふふふ…………! 」

急に笑い方が悪役っぽくなる友子ちゃん。
どんな笑い方でも(ry。
ところで一体何を引いたんだろう。

「まず一枚目。《宝玉の恵み》を発動! 墓地に存在するペガサスを永続魔法扱いとして魔法罠ゾーンに置きます!」

「一体何が始まるっていうの…………?」
エクセルは目を皿のようにしてフィールドを除き込んでいる。
それにしてもこのエクセル、ノリノリである。

「更に手札から魔法カード、《宝玉の氾濫》を発動しますッッッ!」
「宝玉の……」
「……氾濫?」

《宝玉の氾濫》
【通常魔法】
自分の魔法&罠カードゾーンに存在する「宝玉獣」と名のついたカード4枚を墓地へ送る事で発動する事ができる。フィールド上のカードを全て墓地へ送る。さらにその効果によって墓地へ送られた相手フィールド上のカードの数まで、自分の墓地に存在する「宝玉獣」と名のついたモンスターを可能な限り特殊召喚する。


「…………」
「…………」
「…………強すぎね?」

思わず言葉が漏れてしまった。






――――

デュエルシーンが凄い大変だった!
打ってて指つりそうになったぜ!
出来ればコメントかもしくは会った時でいいからデュエルシーンについて感想&意見くださいな~

コメントの投稿

非公開コメント

間違えたのかわざとなのかは知らないけど

いくら要らないからってイーグルをタートルにしなくても……

No title

誰だよコバルトタートル••••••
今出先だから明日まとめて書き直すわ••••••
あとwikiにリンク貼ってくれてる人マジ有り難う、めちゃくちゃ嬉しいよ!
オプーナを買う権利あげるぜ!

No title

ダイジェストもっと頑張れよwww
後、UFOいつ守備表示になったんだ?
デュエル
決闘は、エンターテインメント性バッチリで良かったと思うぜ!
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。