スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い付きコラム番外編001:【キャラクター】レインという人物(小説)

コラムのストックはまだあるのだが、諸々の事情で予定といつもの周期より早く載せた。
とりあえず自分がレインに持っているイメージを書いたこの小説。

出てくる他のキャラクターの扱いに関しては・・・・・・お許しください!
「マイキャラは実の所こんな性格をしている」
「全然別人じゃねーか!レインもマイキャラも!」
とかあったら言って欲しい。マジ参考になるから。
一からキャラを作らなくていいのがこんなに楽だとは・・・・・・。

失礼、逸れた。
まぁそれじゃ、よろしく。











日没などとうに過ぎ去り、なんとなく中途半端に欠けた月が上天で光っている。
しかし臨時収入で無駄に盛り上がった僕の入っている傭兵団―――紅蓮の燕傭兵団は、
酒場の営業時間、周囲の迷惑などは気にも留めない。
団員たちは、誰かと誰かが始めた力自慢を酒の勢いで腕相撲に変えて競い合って騒ぐ。
もっとも、酒場の主人も飲食で散財してくれる僕らのことを喜んでいるみたいだが。

僕は世間知らずだった時間が長いためか、あまり酒に慣れていない。
だから弱めのやつをちびちびと飲む程度で済ませて、明日の介抱が大変だな等と考えるぐらいだ。
幾ら酒に強いと言っても吐くほど飲みたくはないと思うけど。

何となく歓声が沸いた方に目を遣ってみたが、
力比べのために酒場の乱雑に並んだテーブルのうちの一つで皆集まっている。
僕はあまり興味はない。
騒がしいのは苦手だ。
少しだけ輪から外れた位置でその熱気を受ける。
それに、それぞれの傾向の把握と状況の対応が僕の力で、
そもそも特徴は皆違うのだから筋力の差を気にしてどうする。
まぁ、それでも比べたくなるのは分からないでもないが。
というか酔っ払いの行動になんて真面目なことを。
酒の余興程度に考えて、もし喧嘩が起きたら止めにでも入ろう。フォースで。

「君、参加しないんですか?」
「俺は、貧弱ですから」

もう一戦までは暫く時間があるらしい団長が近づいてきて、僕に話しかける。
神官賢者錬金術師に何を期待するのか。
重すぎてバックラーとかで限界なんだぞ、僕。

「ほら、メリーとかお似合いじゃないですか」

貧弱的な意味でか。魔術特化した冒険者の宿命みたいなものだからな。
あとマイがなんかめっちゃこっち見てる。
耳いいな。ホントにポンコツか。

「やめてくださいよ。俺がメリュジーヌのことを苦手だって知ってるでしょ」
「いい加減慣れたらどうです?」
「世間知らずの箱入り息子なんですよ」
「自分で言いますか・・・・・・」

苦笑する団長を余所に中心へまた、目を向けてみた。
なぜかメリュジーヌが参加していた。
酔っているのか。酔っているんだな。
少し目を細めて見ると、相手はアスクレピオスの様で当然勝てるわけがない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・。
結果など言うまでもなかった。
周りからイーノック、イーノックと囃し立てられ、右拳を上に掲げている。
いまだにあだ名の由来がわからない、神話が全然別だぞ。
・・・・・・変な電波が入った。
一方メリュジーヌはメリュジーヌであらら、といった表情を浮かべ、勝敗なんて端から気にしていない。
余興だし、当然のことであるが。

僕がなぜその余興の輪に入らないかと言うと、勿論騒がしいのは嫌いだからでもあり、
勝敗が分かり切っているからでもある。
別に負けるのが嫌とかそういうんじゃない。断じて。

「またこんな弱い酒飲んで、楽しめるのですか?」
「俺なりに楽しんでますよ」

僕の興味なさげな目をみて参加させることを諦めたのか、団長は別の話題に移してくる。
それに強い酒を飲むことのみが楽しいことというのには苦言を呈したい。
深く酔うのも楽しみ方の一つではあるが、微酔を楽しむのもそのまた一つだ。
無論本で読んだ知識で、僕はそれについて話そうとしたが、
この場に参加しているからなのか少し疲れを感じ、諦める。
ついでに団長は割と顔が赤い。今何を話しても無駄だろうな。
だから、騒がしいのも苦手ですしと付け加え、席を離れた。

「傭兵に向かない性格ですねぇ」
「何事も無理のない範囲で体験はしておくべきなのですよ」

遠回しの肯定だった。


確かに酒はいつもと違う視点を持つのには便利かもしれない。
傭兵という仕事も実践と経験が豊富に得られるのはとてもいい。
でも、騒がしいのは苦手で苦手でしょうがない。

特に振り向くこともなく上の階へ早々と上がり、廊下から自分の部屋を見つけ、入った。
ベッドに寝転び、下の階で沸いている喧騒を受ける。
起き上ってふと右を見ると鏡があった。
少しだけ回った酒に顔を赤くしている自分を見て、仮眠を取ろうと思う。
万が一"スリープ"等で奇襲された時の為に掛けた"赤い眼鏡"を外し、
もう一度ちゃんと寝床に入って目を閉じて意識を手放した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・


・・・・・・





ふと目が覚め、月の角度を見て三時間ほど過ぎたあたりだと認識する。
喧騒がすっかり止んだことに気付いたので下に。

そこに広がっていたのは一言でいえば・・・・・・、滅茶苦茶と表現できる。
全員酔いつぶれ、床に突っ伏していて雑魚寝みたいだ。
全員と言うのは店員や主人も含まれている。
団長は臨時収入と言っていたが、使いすぎじゃないか?

「全く・・・・・・こういうときには油断と隙しかないからなぁ・・・・・・」

お祭り騒ぎや酒が好きな連中ばかり揃っているんだ、当然こうなる。
まぁ、その中で僕だけが常に気を張っているのはちょっとした信条があるからだ。

いろんな考えのやつがいる、なら警戒心が無駄に高い奴が一人くらいいても便利そうでいいじゃないか。
真っ平らなのも便利だが、不揃いなのも案外良いものだ。

それに、こうしてテーブルや椅子を並べなおしたり全員に毛布を掛けたりするのは、
ま、別に嫌いじゃない。
そうだ、ついでに食器も片付けて後で金でも要求しよう。
あんまり油まみれの皿を長時間放っておくのもあれだし。

「ふぅ、予想通りで助かるよ」

片付け終わってメモ書きを置いて二階へ向かった。
念のために、団財産で買っておいた二日酔いの薬をバッグから取り出しておこう。
無駄になってたら殴られてたかもな。

テーブルの一角に薬をまとめておいて、少し考える。
片づけの途中で気付いたのだが、酒と肴が一揃えずつ余っていたのだ。
確かにこの静寂は一人で飲むのに心地よいものであるが・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・考えているうちに夜が白んできた。
とりあえず色々考えたが、偶然ということにしておく。
"向こう"も、どうせそう考えるだろうと予想してるだろうしな。
過程は違うだろうが。

席に着き、つい"赤い眼鏡"をつけ、毒消しを用意した自分にいやはや、と苦笑しながら、

「"僕"もたまには他人の好意を、素直に受けるべきなのかねぇ」

と一人ごちた。


〈了〉







うぉぉぉぉぉ!ちょー恥ずかしいぜー!
文章内で出てくるキャラの評価はあくまでレインのものなので、あしからず!

こっからは愚痴・独り言が多いのでご勘弁!

・・・・・・ふぅ。
先日GMを務めさせて貰ったシナリオがあって、そのリプレイを書こうと思っている。
だが、無理。三人称視点無理。
「こころ」も「吾輩は猫である」も「人間失格」も全部一人称じゃん。
宮沢賢治とかその辺じゃん三人称とか。
あと戦闘シーン無理。
「香霖堂」が好きで「みなみけ」が好きな俺に何期待してんの?
文章でスピード感が出せている人はホントにスゴイ。

あー、あとは・・・・・・。
OK、レインについても話そう。
蘊蓄を放とうとするが、プロフィールで
「頭を使うのが苦手」「異常性癖がある」「日本語でおk」「知識があっても苦手なタイプ」
みたいな内容の皆さんが属する団なので微妙に不機嫌です。
さらに猪突猛進だったり細かい作業が苦手だったり知力が低かったりと理論に向かない皆さんが多く、プライドが少々高くインテリな彼は微妙に偉そうな節があります。
年上呼び捨てとか。

しかし同時に17年間の一家引きこもり生活が祟り、明らかな経験不足が目立つようです。
本の知識ではどうにもならない部分に関しては劣りがちで、頭も硬い。
コミュニケーションも家族以外ととって無かったので、少しぞんざい。
そして警戒心が強いので呼び捨てにはしてもあだ名で呼ぶことはありません。
あと過激。

何度かシナリオに参加してみて固まって来たイメージを書くとこんな感じかな。

あー、いてー。何がって・・・・・・分かるだろ?



レイン


追記

くっ、まさか団長の口調が全然違っていたとは!
というわけで、急遽修正。
付け焼刃だから色々変だけど。

テーマ : 小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

(チラッ

良いと思うわよ~

というか、マイどんだけメリーのこと意識してるのよww

No title

若干キャラかぶり、もしくは崩壊が目立つこの組織にインテリキャラは貴重だな!
これからもよろしく頼むぜ。

あと…ブレン団長って一人称「僕」の敬語キャラじゃなかったか?
それともこの団長ってのはブレンじゃない…?

No title

プロフィールが無いから一人称なんて分かんないんだぞ☆
まぁ、なんで待てなかったって話なんだがね。
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。