スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうじき

独りで何でもやってみよう用の小道具を買いにいきます

何か(主にポケモン)出してほしいものがあったら希望を受け付けます!


ちなみにヌケニンとリングマは随時探してるので言わなくてもダイジョブですたい





















編集「今まで言いにくかったんだけどさぁ、君の書く話ビックリするくらいつまらないんだよね」
作者「いや、何ですか急に!何を根拠に言ってるんですか!」
編集「だって今回も読者アンケートぶっちぎりでビリだよ。よかったね」
作者「確かにそうですね……いやいやいやよくないですよ!ビリで喜ぶとかMですか?そんなやつどこにいるんですか!」
編集「えー、いるじゃないそこに」
作者「とにかく、ここから面白くなるとこなんですよ」
編集「あ、無視された。へぇ、どんな風に?無駄だと思うけどとりあえず聞いてあげるよ」
作者「なんて編集者だ……。いいですか、次の話で主人公が急に異世界に飛ばされるんです。そこから異世界編に入るんですよ」
編集「へぇ、なんか面白そうだね。でもそれは一般的には面白そうだけど、君がやったらどうかな(笑)」
作者「なに笑ってるんですか!こっちは打ち切りになるかもしれないから必死なんですよ」
編集「だろうね。君、必死すぎてもう方向性を見失ってるもんね」
作者「見失ってませんよ!……多分。それに異世界の案を出したのあなたでしょ!」
編集「えー、そんな血迷ったこと言ったっけ?」
作者「言いましたよ!ほら、つい先月ですよ!」














編集『多分、今のままで行ったら打ち切りだろうね』
作者『なんかテコ入れとかした方がいいんですかね』
編集『えー、どうせ何してもつまんないんだから異世界編とかやったら?』














編集「あ、本当だ。言ってるね」
作者「本当だじゃないですよ!その言葉を当てにして異世界編の話を考えてきたのに!」
編集「いやぁ、あの時は飲んでたから適当なこと言っちゃったんだなアッハッハ」
作者「アッハッハじゃないですよ。もうラストまで話を決めてたのに」
編集「始まってすらいないのにラストまで決めてたの?暇なの?」
作者「暇じゃないですよ!必死なんですよ!」
編集「ちなみにラストはどんな感じなの?」
作者「絶望的な状況の中で奇跡が起きて元の世界に戻るんです」
編集「……なんかありきたりだね。まぁでも、そのありきたり以下の君にはいいんじゃないかな(爆)」
作者「笑いすぎですよ!あんた本当に編集か?まぁそういうわけで来月からこれで行きたいのですが」
編集「うん、いいんじゃない。あ、大事なこと言うの忘れてた」
作者「何ですか。打ち切りかどうかの瀬戸際なんですから、どうでもいいこととか言わないでくださいよ」




編集「君の話、来月で最終話だったや、そういえば」
作者「……いやいやいや、ちょっと待ってくださいよ。何でそんなこと忘れてるんですか!」
編集「えー、だってあってもなくても同じだし、言わなくてもいいやと思って」
作者「チクショォォォォォーーッ!!じゃあさっきの話し合い全部無駄じゃないですか」
編集「そんなことないよ。最終話でやることが決まったじゃん。よかったね」
作者「最終話だけ異世界編なんておかしいでしょ!それにどんなに切り詰めても60ページ分はありますよ、異世界編。どうやっても無理ですよ」
編集「えー、そんなにあるの?てっきり3ページくらいだと思ったのに」
作者「そんなわけないでしょ!……でもしょうがないか。異世界編は諦めますよ」
編集「……分かった」
作者「え?何がですか?」
編集「上に話して、別冊とかに載せてもらえるか頼んでみるよ」
作者「え!本当ですか」
編集「その代わり本誌では出せないけどいいかな?」
作者「全然いいですよ!初めてあなたが頼もしく見えましたよ!」
編集「へへ、そう?それじゃあ再来月に全部書き終えられる?」
作者「はい、大丈夫です!」
編集「じゃあ出来たら持ってきてね」
作者「はい!」










~2か月後~

作者「持ってきました」
編集「あれ、もう打ち切りになったんじゃなかったっけ?」
作者「いや、まだですよ!というか何で電話の一本も寄越さないんですか!……もしかしてページ取れなかったとかそういうオチですか?」
編集「やだなぁ、そんなありきたりのオチがあるわけないでしょ。最も、君はそのありきたり以下だけどね(笑)」
作者「まぁ今はもう何を言われてもいいです。ということは取れたんですね!」
編集「いやぁ、それがね












5ページしか取れなかったや」
作者「……え?」
編集「いやね、これでも頑張った方だよ。3ページか4ページかどうするかを決めるとこで無理言って5ページもらったんだから」
作者「えぇ?いや、それじゃあやっぱり載せられないじゃないですか!この60ページ書いてきたのはどうするんですか!」
編集「えー、じゃあその書いてきたの見せて」
作者「え?いいですけど」
編集「……これとこれと……あとはこれでいいか」
作者「ちょっとちょっと、何やってるんですか!」
編集「いやぁ、全部は載せらんないから適当な5ページを載せようかなって」
作者「いやいやいや、そんなの嫌ですよ!」
編集「じゃあ載せられないけどいいの?」


作者「……じ、じゃあそれで行きます……」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なんというギャグ日臭

これは間違いなく良作

アンノーン26種だしてもいいんだよ?(チラッ

No title

だがあえて言おう。ヌケニンと

らーららららららー

トリトドン可愛いよねトリトドン。

リングマってアレか。ゲンガー倒せない奴か。

あいつは、もう、いないんだよ。

たしかにギャグ日だwww

俺は太公望の人形があればいいや
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。