スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeventhKiss~セブンスキス~ ⑰

どうも、いつもお世話になっております。なめピロと申す者です
本当は、旅行の内容をセブキス風にお送りしようかと思ってたんだけど、レイン・YOU・禅問答さんがセブキスキャラ化してなかったんで諦めた。あと優一郎がいないのも辛い

レイン・YOU・禅問答さんのセブキスキャラ名・設定を考えてくれたら、旅行記書くかも
まぁもうレインさんが上げてくれたからいらないかもしれんけど

何はともあれ本編開始です
『コットン。』楽屋

渡子「はい、ここが私達の楽屋だよ。さぁさぁ入って!」
優一郎「それじゃ、お邪魔するぜ」
折華「普通にここまで来れましたね……。私達、一般人なのに」
エクセル「『コットン。』の楽屋って言ったら、関係者以外立ち入り禁止で、家族でもないと入れないって聞いたことがあるんだけど……。アイツ、今の状況がどれだけ恵まれてるか気付いてないわね」
舞「……いつものこと」


渡子「優君達、連れて来たよー!」

渡子に続いて部屋に入ると、そこでは先ほどのライブで見たばかりの二人の少女がいた

史香「待っていたよ。宮間君。それに、君達は渡子の友人だね?必要無いかもしれないが、改めて自己紹介させてもらおう。私は、那田部史香。君達と同じ燈光学園の二年生だ」
純「同じく、燈光学園二年の、女鏡純です。よろしくお願いします。貴方が「優君」ですね?いつも渡子から話を聞いていますよ」
渡子「も、もう!それじゃ、私がいつも優君の話ばかりしてるみたいじゃない!」
史香「その通りだと思うが?」
純「他の話をすることのほうが稀なくらいですね」

俺と渡子は別のクラスなのに、よくそんなに話すネタがあるな
しかし、そんなにいつも話のネタにされてるってことは、もしかして俺、渡子に変なヤツだとか思われてるんじゃないだろうな……?

折華「お二人とも、学園で何度か見かけたこともありますけど、直接お話するのは初めてですよね?初めまして、日差折華です」
エクセル「留学生の、エクセル=メルセデス=ハヤミです!あ、あの、純様!あたし、純様のファンなんです!その知的なメガネ!今時貴重なメガネっ娘!あぁ……最高!」
純「純様はやめてください。同じ学年なのですから」

というか、薄々思ってたけど、コイツ、眼鏡が好きなだけなんじゃないのか……?

舞「……今井舞。よろしく……」
優一郎「宮間優一郎だ。なにやら渡子から色々聞いてるみたいだが、よろしく」
史香「しかし、渡子に聞いていた通りだな。困っている人を見過ごせない素敵な人、だったか?ともかく、先ほどは助かった。改めて例を言わせてくれ」
純「史香を助けてくれたそうですね?さすが、渡子の自慢の彼氏と言ったところでしょうか」
渡子「あっ!ちょっと、待っ――」
優一郎「彼氏……?」
折華「ちょーっと、そっちでお話しましょうか?渡子ちゃん?」
舞「……説明を要求する」
エクセル「渡子、そういう嘘はいずれ身を滅ぼすわよ?」
渡子「今まさに滅びそうになってるよ!た、助けて優君!!」
史香「ん?何だ、嘘だったのか?」
優一郎「ああ、渡子が何を思ってそんな嘘をついたのかはわからんが、俺は渡子とは単なる幼馴染だぞ?」
純「なるほど、そういう性格だから、渡子も我慢できずにあんな嘘をついていたのでしょうね。しかし、それなら渡子が言っていたあのデートの話などは……」
渡子「わーーっ!わーーっ!!」
折華「わーたるーこちゃーん?」
舞「……説明を」
渡子「怖い!怖いよ二人とも!ち、違うの!いや、私にとってはデートだったんだけど、優君は結局最後まで普通に遊びに来ただけだとっ」
折華「それでも、二人で遊びに行ったんですよね?私を置いて……・舞ちゃんは知っていましたか?」
舞「……私も、初耳……」
エクセル「あーほらほら、アンタ達いい加減にしなさい」
渡子「エクセルちゃん……!私を助けて……」
エクセル「そういうのは、明日学園ででも聞けばいいでしょ?じっくりと、ねぶるように」
渡子「エクセルちゃんっ!?」

史香「あー……それでともかく、二人は付き合ってはいないんだな?」
優一郎「そういうことだな」
史香「ふむ、それなら、私にもチャンスがあるかもしれんな
優一郎「何か言ったか?」
史香「ああいや、なんでもない」
純「せっかく遊びに来てくれたのに悪いのですが、恐らくそろそろ……」

???「皆さん、お疲れ様でした。さっそくで悪いんですけど、次のライブについて……おや?」

女鏡さんの言葉の途中で、楽屋の扉が開き、一人の青年が入ってきた。
20代前半くらいだろうか?スーツ姿で眼鏡をかけ、理知的な雰囲気がただよっている

渡子「あ、彼は、私達『コットン。』のマネージャーをしてる、SIGE♂(しげ)さん。SIGE♂さん、この人達は、私の友達」
SIGE♂「なるほど。初めまして。『コットン。』専属マネージャー、SIGE♂と申します」
純「打ち合わせですか?SIGE♂さん」
SIGE♂「ええ、次のライブと、出演番組についての打ち合わせを」
渡子「そっか。それじゃ、残念だけど、今日はここまでだね。また明日会おうね?優君」
史香「学園で会えることを楽しみにしているよ」
純「今日は自己紹介しかできませんでしたけど、よかったら、また遊びに来てくださいね?」
優一郎「ああ、それじゃ、また明日」
折華「明日、たーっぷりお話しましょうね?渡子ちゃん?」
舞「……さよなら」
エクセル「さようなら純様!今度ゆっくり語り合いましょう!眼鏡について!!」
純「ですから様はやめてください。それと、別に好きで眼鏡をしているわけでは……」
SIGE♂「気をつけてお帰りください。それでは」

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

渡子「あーあ、もっと優君とお話したかったなぁ」
史香「うむ、確かに中々の好青年だったな。渡子が入れ込むのもわかる気がするよ」
渡子「史香ちゃん?まさかとは思うけど……」
史香「ふふ、別に誰かと付き合っているわけではないのだろう?なら、狙ってみるのもいいかもしれないな。今時中々いないよ、彼のような男は」
渡子「そんなっ!ただでさえ最近ライバルが増えてきてるっていうのに……!!」
純「ほら、二人とも、打ち合わせを始めますよ?」
SIGE♂「年頃ですし、そういう話で盛り上がるのは構いませんが、貴方達はいまや国民的なアイドルですので、スキャンダル等には気をつけて……って聞いてませんね

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ナメピュロス「やぁ、こんばんは、優一郎。君は全国の男達の憧れとなっている少女達をまとめて独占するつもりなのかい?」
優一郎「いきなりずいぶんなご挨拶だな、ナメピュロス……」
ナメピュロス「君の手にかかったら、少女達は幸せになるかもしれないが、全国で発狂する男が続出しそうだね」
優一郎「……はぁ、それで?今日は何を言いに来たんだ?ナメピュロス」
ナメピュロス「おや、別に僕は毎回助言をしに出てくるだけの存在というわけではないよ?たまには、ただの雑談をするのもいいんじゃないかい?」
優一郎「まぁ、お前がそれでいいならいいんだが……。てか、今更だけど、なんで毎日出て来るんだよ?俺の夢の世界にでも住んでるってのか?」
ナメピュロス「いや?別に、出てこようが出てこまいが自由だよ?ただ、君と話すのは楽しいからね。いいじゃないか、毎日の僕の楽しみに付き合っておくれよ」
優一郎「そんな理由で出てきてたの!?」
ナメピュロス「まぁまぁ、別に、ここで話したからって起きている時に何か影響が出ているわけでもないだろう?」
優一郎「まぁそれは確かに……いや、前にお前から洗脳を受けたことがあるような気がするんだが」
ナメピュロス「おや?もうそろそろ朝じゃないかな?それじゃ、僕はそろそろ行くよ」
優一郎「待て!逃げる気か貴様!あ、オイ待て!一度ゆっくり話し合う必要が……あ!おいこら!ナメピュロスゥウウウウウウウウ!!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんか今回、途中からチャットと平行してたせいか少しクオリティ低めな気がしてきた。まぁいいや!!
本当は、このままプロローグを終わらせて、OPまで行く予定でしたが、かなり長くなりそうなのでここで切ります

次回!なつかしのあの人達が再登場!更に、待ちわびた登場!生徒会の二人!
加速するセブキスワールドから目が離せないッ!普通これ作者が書く煽り文じゃないよねっ!!

乞う、ご期待……! されても困るよ正直

あ、コメント待ってます

コメントの投稿

非公開コメント

シゲ登場! シゲ!

ナチュラルに♂がスルーされてるんだけど、どういうことなの……。

あれ?誰かわすれられてないか?
ほら、せから始まっていで終わる人とかさ
主人公が旅に出たから次の主人公は俺だって張り切ってたよあの人

No title

しげさん初登場おめです。
おひさです。ついさっき高3になった小鍋ぬこです。

きょう塾の春期講習が終わって、やっと解放されました。

あと、
俺も小説書き始めました。遊戯王で。

No title

おつでーす
史香のセリフがいっぱいで涙が出そうです

あとこのブログで誰だか分かんない人がたくさんいて涙が出ました。いやまぁなんとなくはわかったけど

No title

読もうと思っていたが今まで面倒臭がってスルーしてた。
そして、追いついた訳だよ…。
ADVはやったこと全然ないから新鮮だわ。

No title

しげは敬語にするかタメにするか迷ったけどこうなった
♂がスルーなのはつんく♂みたいに読まないから

>レイン
読んでくれてありがとう
まだまだ稚拙な文章だけど、これからも読んで、感想をくれると嬉しい

ようやっとw

ようやく見たよww

なんか最近渡子の出番多くてうれしいわ←
次も期待しかしてないぜ!!
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。