スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第五章前篇】確約の空

最近異次元同位体が増えすぎて困ってるセグチ=瀬口=イデア=胡蝶=アブトスラーズ=薔薇騎士様=エッティー=薔薇エッティーです。
もうじき、『クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門』の発売ですね。
みなさんは何冊買いますか?
僕ですか?僕はもちろん観賞用、観賞用、観賞用に三冊買っちゃいますよ(笑)

今回に限って前後編なのは他意はありません。
しいて言うなら今日はもうかけねーやと悟ったからです。
やはり一日一更新は狂気の沙汰っすね、まったく



5. 第五章(前)「エクセル・M・ハヤミ……金髪碧眼の社長令嬢」

――――時は遡ってパーティ終了前。
口を囲うように髭を整えた男と、その娘と言っても不自然はないほどに若い、豊かな金髪を縦ロールに整えた少女。
そのミスマッチとも言える二人が握手を交わしていた。

「これからもよろしくお願いしますわ、パワーポイント・M・ハヤミさん」
「こちらこそ、カノヱ・スレチガイン嬢。…………君は若いのに立派だ。その歳で父上の代わりを果たせるなんて、まさに驚愕の一言だ。私の娘に君の爪の垢を膳じて飲ませたいくらい……」
「お・と・う・さ・ま」
「ご、ゴホンっ! どうやら私は余計だったようだな、カノヱ嬢、私の娘とも仲良くやっていってくれ」

そういって、マンハッタン号のパトロンの一人、「メルセデス社」社長のパワーポイント氏は、逃げるように去って行った。
金髪碧眼の少女、エクセル・M・ハヤミが父親の立っていたあたり……カノヱの正面に立つ。
残された少女二人は何故か、あるいは自然と睨み合う。

「いつもお父様は一言余計なのよ、まったく。久しぶりね」
「そうですわね。エクセル」
「……………………」
「……………………」

長い沈黙の末、エクセルが問いだした。

「何か、用? 何もないならスイーツ食べたいのだけれど」
「いえ。“商品”の準備は万全なのかしら……っと思いましたの。あの機械人形とか。盗まれちゃったら大変じゃない?」
「残念だけど、私はお父様の仕事については口を出さないようにしてるの。ごめんね」
「今回は貴女が企画したって聞いたのですけれど」
「空耳じゃない? それとももう痴呆?」
「あら。貴女こそ。……例の勝負、どうみても駒数が足りないように見えるのだけれど。もしかして、手加減のつもりかしら」

周囲の人間が二人の少女の喧嘩を心配そうに、あるいは面白げに見守る。
エクセルはカノヱの皮肉を鼻で笑い飛ばす。

「勝負が始まる前から自分の手札を見せるギャンブラーがいると思う? あなたの手数は、どうせ“あいつら”でしょうけど」
「ふ、ふん! そんなの本当かどうかわかりませんわ! 後で吠え面でもかいてればいいのよ!」
「ブーメランって知ってるか?」
「うっざ! うっざですわ!」

怒鳴りながらカノヱ・スレチガインが立ち去る。
ふん、とエクセルは鼻を鳴らした。
カノヱが去り、一人になったエクセル。
(一応)美麗の範疇に収まり、更に金持ちの娘であるエクセルを狙って多くの男たちが声を掛けてくるが、そのすべてを手厳しく跳ね除ける。

(暇ね……どこかに私をわくわくさせる逸材はいないかしら……)

そう考えたところで、どこからともなく声が聞こえてきた。
このような高貴な場にふさわしくない、さながら学生が町の喫茶店で騒いでいるような感じである。

「マジだって! うちんとこにも来たんだよ! まぁ、あまり騒がせたくないらしくて社長と一部の人間しか知らないらしいんだがな」
「じゃ、なんでお前が知ってんだよ。怪盗デスガンがメルセデス社に脅迫状出したこと」
「調査担当俺だし」
「それこそ信じられないっての」
「ちょ、おま!」

怪盗デスガン。
今や(ry。
何故二人は、脅迫状がメルセデス社に届けられたことを知っているのだろう。
そのことを知っているのは自身と父親、それと警察だけのはずなのに。
疑問を氷塊させる手っ取り早い方法は、答えを知っている人間から聞き出すこと。
そう考えたエクセル・『メルセデス』・ハヤミは、二人の少年の座るテーブルに近づいて行った。




あえて此処で人物紹介!

早川SF文庫ばりにシンプルな紹介を心掛けてみた。

ユーイチロー・F・ミヤマ……面倒だから主人公でいいや
オルカ・ヒサシ……ユーイチローの幼馴染
イデア・オルレアン……ユーイチローの使用人
コーヘー・セグチ……ユーイチローの友人。警察官
トモコ・ナシギ……セグチの友人
ブレン・フォウマー……機械人形(オートマタ)商人
胡蝶・イリーネ・バインリヒ……ブレンの連れ
パワーポイント・M・ハヤミ……マンハッタン号のパトロン。流通業者
エクセル・M・ハヤミ……パワーポイントの娘
カノヱ・スレチガイン……マンハッタン号のパトロンの娘

デスガン……正体不明神出鬼没の怪盗


後編は(きっと)明日公開!

コメントの投稿

非公開コメント

優一郎ってカタカナにするとますます長い

なんかもう、色んなもんに影響うけてるな!人物紹介でわらかすとかやめろw

いくらお嬢様っぽく見せてもスレチガインって名前で台無しだよ……って思ったけど、そもそもお嬢様としては台無しな方だったから特に問題なかった

デスガンの出番まだかなー メイン回まだかなー
プロフィール

しなび。

Author:しなび。
なんていうか、もうどうにでもなーれ☆

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
エルミナージュⅢ
遊戯王which?
面白そうだから入れてみた。今日のカードはこれっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。